辛子明太子について Q&A

「辛子明太子」と「明太子」と「たらこ」の違いは?

鮮度が自慢の鯵の干物

 スケトウダラの卵(原卵)を塩漬けにしたものが「たらこ」。 スケトウダラの卵を唐辛子を主原料とする調味液等で味付けしたものが「辛子明太子(からしめんたいこ)」となります。
「明太子(めんたいこ)」「明太(めんたい)」は「辛子明太子」の略称です。
 ただし、西日本の一部では「明太子」はたらこの事 、「辛子明太子」は辛子明太子と言う地域もあります。

 中国語でスケトウダラを「明太(ミンタイ)」、ロシア語では「минтай(ミンタイ)」、北海道ではスケトウダラの干物を「ミンタイ」と言います。 つまり元来は、明太子とは「スケトウダラの子」という意味で、すなわち日本で言う「たらこ」を示す言葉なのです。

 スケトウダラの卵巣は2本が一対の状態で繋がっており、対単位で一腹(ひとはら)二腹(ふたはら)と数えます。1尾の卵巣には約20万~150万粒の魚卵が詰まっています。

辛子明太子の産地は?

鮮度が自慢の鯵の干物

 スケトウダラを加工して食べる食文化は、17世紀ごろには朝鮮半島で既に広まっており、赤唐辛子やニンニク
でまぶした「キムチ」や「コチョジャン」等と同様に、古くから辛子を使用した朝鮮半島の伝統的食品の1つと
なっていました。

 一方、日本でもスケトウダラは古くから漁獲されており、加工して食べる食文化は江戸時代に広まりました。 明治36年頃から北海道でスケトウダラ漁が本格化し、スケトウダラの卵の塩漬け(たらこ)が盛んに食べられるようになりました。 明治43年から大正10年にかけて、下関を中心にスケトウダラの卵巣に食塩と食紅を添加した「紅葉子(もみじこ)」が販売され、 全国的に出荷されていました。しかし戦争のため全国の紅葉子の取扱いは止まってしまいました。

 現在の辛子明太子は、終戦の際に韓国から福岡に帰ってきた方が、たらこの辛子漬けの味が忘れられずに再現して博多中洲で販売したのがきっかけだとか。 そのうち福岡をはじめ九州の名物食品になった辛子明太子は、昭和51年の新幹線の博多乗り入れを契機に「博多名物辛子めんたいこ」として全国的にその名が知られるようになり、 土産品、贈答品としても高い評価を得るようになりました。1980年代には土産物の販売ルート以外にも、全国の百貨店、さらに量販店でも広く販売されるようになり、 おにぎり・パスタの具として広く利用・販売されるようになりました。

辛子明太子の成分って?

 ここ数年前から注目されています【DHA(ドコサヘキサエン酸)】と【EPA(エイコサペンタエン酸)】。 どちらも魚油に多く含まれ、DHAは特に青魚の頭部や目玉の裏に、EPAは青魚の脂肪分に多く含まれています。
動物の油と比べると、魚油はコレステロールや中性脂肪を低下させるといわれています。
脂質代謝、血液凝固異常の改善策として、最近では一般的な栄養成分と認知されるようになってきました。
このDHA、EPAは、たらこの親である青魚と同じくらいたらこ(明太子)に含まれているのです。
現在妊娠中の方・受験勉強まっさかりの学生の方・血糖値が気になる方には強くオススメします。

鮮度が自慢の鯵の干物

 【DHA】【EPA】は以下のような効果が期待できます。
・ダイエット(脂肪燃焼効果)
・お肌の若返り(血行の促進、新陳代謝の活発化)
・学習能力の向上(脳の活性化)
・脳血栓、心筋梗塞を予防(血液中のコレステロール値の低下)
・もの忘れ(アルツハイマー)予防
・小児アトピー、皮膚炎の予防・体質の改善

 日本はもともと、山菜からの豊富なビタミンと、青魚からの良質のたんぱく質を摂取していたせいもあり、それが長寿大国である所以だとも言われています。
戦後、欧米の動物性油を摂取する食文化が食卓に並ぶようになりましたが、最近では和食中心の食生活がまた見直されてきています。
 食卓にぜひ辛子明太子を常備していただけたらと思います。

辛子明太子の賞味期限は?

  光洋水産の辛子明太子を美味しく食べられる期限は、要冷蔵(10C以下)で約7日くらいです。
再冷凍は品質を劣化させますのでお避けください。
 長期保存する場合は、一腹ずつ、または一度に食べる分をラップに小分けして、冷凍庫で保管してください。
解凍時は冷蔵庫でゆっくり解凍してください。

辛さはどれくらい?

 光洋水産の辛子明太子は、まろやかな辛さなので、お子様でも安心して食べられる辛さとなっております。

ページトップへ

イガちゃんブログ イガちゃんブログ
全国送料無料 代引手数料無料 クレジットカード利用可能
辛子明太子贈答用 辛子明太子贈答用 辛子明太子家庭用 辛子明太子切子 鯛茶漬け あじ干物 光洋謹製だし 本醸造刺身醤油
特定商取引法の表示 個人情報保護方針 会社概要 サイトマップ