辛子明太子(めんたいこ)の光洋水産

TOP > 辛子明太子について Q&A

辛子明太子について Q&A

「辛子明太子」と「明太子」と「たらこ」の違いは?

スケトウダラの卵(原卵)を塩漬けにしたものが「たらこ」。 スケトウダラの卵を唐辛子を主原料とする調味液等で味付けしたものが「辛子明太子(からしめんたいこ)」となります。
「明太子(めんたいこ)」「明太(めんたい)」は「辛子明太子」の略称です。
ただし、西日本の一部では「明太子」はたらこの事 、「辛子明太子」は辛子明太子と言う地域もあります。
中国語でスケトウダラを「明太(ミンタイ)」、ロシア語では「минтай(ミンタイ)」、北海道ではスケトウダラの干物を「ミンタイ」と言います。つまり元来は、明太子とは「スケトウダラの子」という意味で、すなわち日本で言う「たらこ」を示す言葉なのです。
スケトウダラの卵巣は2本が一対の状態で繋がっており、対単位で一腹(ひとはら)二腹(ふたはら)と数えます。1尾の卵巣には約20万~150万粒の魚卵が詰まっています。

辛子明太子の産地は?

辛子明太子の成分って?

辛子明太子の賞味期限は?

辛さはどれくらい?